パソコン・インターネット

17/01/14 Windows10 スタートメニューが表示されない

とうとう私の環境でも、スタートメニューが表示されない現象が発生しました。
試行錯誤の結果、無事に解決できたのでその忘備録です。

 

現象は、
  • スタートボタンを押してもスタートメニューが表示されない。
    (Windowsキー押下でも同様)
  • ストアアプリが起動しない。
  • 実行中のアプリがあっても、タスクバーにアプリ一覧(タスクボタン)が表示されない。
  • 起動時、スタートアップに登録しているアプリが実行されない。
などなど。

 

ネットの情報を参考に下記対処法を試すも、全く効果なし。
  • まず再起動、シャットダウンは効果なし。
  • ストアアプリの初期化
    「コントロールパネル」→「トラブルシューティング」→右上の検索Boxに「ストア」と入力→「Windowsストアアプリ」を選択し、ダイアログに従って進める。
    しかし、途中の「Windowsストアをリセットして開く」以降の処理で1時間以上放置しても進まなくなる。
  • コマンドプロンプトによる処理
    管理者権限のコマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを実行。
    dism /online /cleanup-image /restorehealth
    
    sfc /scannow
    
    powershell
    
    Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like "*SystemApps*"} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
    
    しかし、こちらも最後のGet-AppXPackageで1時間くらい放置しても進まなくなる。
  • アカウント追加
    仮でローカルアカウントを作成して試すも、追加したアカウント側でもスタートメニューが表示されなかった。

 

と、ここまで試して全く効果無しでしたが、最終的には「完全シャットダウン」する事で解決しました。

 

Windows8以降、終了時に「シャットダウン」を選択していても、次回の起動が早くなるように一部のデバイスは電源が入ったままにする「高速スタートアップ機能」が搭載されているそうです。
(そのため毎回コールドスタート状態で起動している訳ではなく、ホットスタート状態で起動している)

 

「完全シャットダウン」はスタートボタンを右クリック(これは表示される)→「シャットダウンまたはサインアウト」と辿って、シフトを押しながら「再起動」をクリック。

 

01
<図1>シフトを押しながら「再起動」

 

次に表示される「オプションの選択」画面にて、「PCの電源を切る」を選択すると「完全シャットダウン」されます。

 

02
<図2>オプションの選択

 

再度電源投入して起動した時には、上記現象は直りました。

 

「高速スタートアップ機能」によって、毎回コールドスタート状態で起動している訳ではなく、ホットスタート状態で起動しているようだけど、今回の現象とどう影響していたのかは分からないです。
けれど、もし同様な現象でお困り方は試してみて下さい。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    15/08/01 Windowsタブレット CLIDE9 3G081i

    P1080299
    <写真01>パッケージ

    P1080330
    <写真02>本体

    ホントはWindows10モデルを購入したかったけど、FAQに「CLIDE 8.9 / CLIDE 9 のWindows 10対応に関する検討状況」という情報が出ているのを見て、以前から検討していたCLIDE9 3G081iを購入。

    商品到着後、早々にWindows8.1のセットアップを済ませ、一通り動作確認。
    その後リカバリーデータ(回復ドライブ)の作成を行い、予めメディアクリエイションツールで作成しておいたインストールメディア(USB)でWindows10へのアップグレードを行いました。
    (クリーンインストールではなくて、「個人用ファイル、アプリ、Windowsの設定を引き継ぐ」でインストール)

    インストール自体は何のトラブルもなく終了。
    唯一、Wi-FiのSSIDやパスワードを入力する時に困ったくらい。
    ソフトキーボードを表示すると入力欄が異常に細くなり、入力文字列が見えなくなる現象があった。
    USBキーボードを用意した方が良いかも。

    インストール後一通り動作確認を行ったが事前情報通り問題なし。
    ・デバイスマネージャには「その他のデバイス」となるデバイスなし。
    ・画面の回転機能も問題なし。
    ・音も出るし、Wi-Fi接続も問題なし。
    ・GPSも問題なし。
    ・Wi-FiとBluetoothとの電波干渉もなさそう。
    といった感じ。

    その他で気づいた事と言えば…
    ・液晶はIPSという事もあり、発色、明るさ共に文句なし。とても綺麗です。
    ・タブレットの電源がOFFの状態で充電中、電源ボタンを2~3秒押下すると充電中を示すインジケータ(と言うか、ちょっと雑な絵)が数秒表示されたあと電源OFF(= OSは起動しない)。
     けど、インジケータ表示中に再度電源ボタンを2~3秒押下すればOSが起動する。
    ・付属のACアダプタは充電中に結構熱くなる。
     表面温度で60℃だったので、内部温度は70~80℃くらいになってるかも。
     よってACアダプタの寿命は短いかもです。

    くらいかな。

    購入前は他社製品含めて慎重に検討したけど、今回のCLIDE9は大正解だったかな。
    非常に満足です。

    ---------------------------------------------
    15/08/19 追記

    公式サイトにて、Windows10アップグレード後のサポートや修理対応について掲載されていますね。
    アップグレード後も修理対応して頂けそうなので安心して使い続けられます。

    Windows10アップグレード後に画面の自動回転が機能しない事もあるようですが、私の環境は問題なかったです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    10/09/25 パソコンリサイクル

    約15年間メインとして使用してきた17インチCRTモニタが、モニタ内部でバチバチと激しく放電するようになってきたので、これを機に液晶モニタ(I-O DATAのLCD-AD198GEW)に置き換えました。
    そのまま使用して火災に発展しても困るし、今や希少のAGP接続のグラフィックボードを破壊されても困るしね。

    そこでCRTモニタと古いPC(PC98-NX VS33D)の処分を行いました。
    今回お願いした所は「パソコンファーム」と言うパソコンリサイクル業者さん。
    PC Watchでも取り上げられた事もあって、安心してお願いしてみました。

    PCメーカーによる回収(またはパソコンリサイクル法に基づいた処分)とは違い、

    • 処分費用は無料(製品の送料のみこちら負担)
    • 事前連絡不要で、製品を送付するだけ
    • 壊れていてもOK(モニタは割れていてもOK)
    • 取説も送付してOK
    • キーボード、マウス、電源ケーブルなどもOK
    • テレビなどの家電もOK

    と、簡単便利で且つとても安く済みました。
    (かかった費用は、PC本体+モニタで送料の\3160(クロネコヤマトの場合)だけ)

    また送付の際、運送業者に連絡すれば集荷に来てもらう事もできますし、クロネコヤマトの場合Web上から集荷の手配もでき、送付先情報等を記した伝票を印刷して持ってきてくれるので簡単この上なしです。

    同様のサービスは他の業者さんでもあるようですが、送料が無料の代わりに、CRTモニタは割れているとNGだったりとか、キーボード、マウスと言った周辺機器、取り扱い説明書はNGとか、製品によっては有料となるなど料金体制が複雑だったりと、初めて踏み入るには少し敷居が高い所ばかりでした。

    処分に困ったPCや家電があったら、パソコンファームさんを利用してみてはどうでしょうか?
    (中には一部受入不可な製品もあるので、公式HPでシステム等を良く確認した上でご利用ください)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    10/01/14 カスタマイズしたドライブアイコンがデフォルトに戻る

    USBメモリやDVD-RAMドライブ、SDカードリーダーなどは視覚的に分かりやすくするためドライブごとにアイコンを変えているんだけど、気づいたらデフォルトのアイコンに戻っていた。
    最初はWindowsが不調になった物と思って再インストールしても結果は変わらず。
    下記レジストリを確認しても正しく設定されている。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\DriveIcons\{ドライブ文字}\DefaultIcon
    (なぜか\DefaultLabelの方は正しく機能している)

    ちなみにこれ、Windows2000/XP両方ともこの現象で困ってました。
    ネットで検索しても、同様な現象でお困りの方がなかなか見つからなかったので、環境依存かと思ったけど…
    ようやく見つけました。
    どうやらセキュリティ更新プログラムのバグのようです。
    Windows2000でセキュリティ更新プログラム967715、または950582を適用するとカスタマイズしたドライブアイコンがデフォルトのドライブ アイコンに変わる

    で、原因が分かったのはいいけど肝心の対処法が載ってない。
    おいおいMicrosoftさん、ほっとかないでちゃんと直せよpout

    仕方ないので「C:\WINNT」以下にある「$NtUninstallKB967715$」から「shell32.dll」を下記ディレクトリへと上書きして対処しました。
    C:\WINNT\system32\
    C:\WINNT\system32\dllcache\
    (起動中のWindows上から上書きしても、「Windowsが使用しています」とのメッセージが出るので、knoppixや回復コンソールなどの方法で上書きしてください)

    この状態でWindows Updateすると再びKB967715が出てきちゃうけど…
    修正内容が「自動実行機能正常に無効にならない」という内容なので、このままで我慢ですdespair

    これまでがWindows2000の場合。
    WindowsXPの場合は、SP3をインストールすれば直るという内容をどこかで見たけど、詳細は忘れてしまいました。
    スミマセン…。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    10/01/06 ノートPC修復

    今回は妹所有のノートPC修理。
    起動時に以下の図のようなメッセージが出てWindowsが起動しなくなったとの事だったので、修正方法を検索して臨んだのだが…。
    (このエラーメッセージが出たの時の対処方は、検索すれば出てきますよ)

    次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を
    起動できませんでした:
    \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

    オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップ
    を起動して、このファイルを修復できます。
    修復するには、最初の画面で'R'キーを押してください。

    <図>エラー画面

    対処しようと思ったら
    c:\Windows\System32\Config
    にも
    c:\Windows\repair\
    にも、あるはずのsystemというファイルのバックアップがないcoldsweats02
    唯一あったsystem.bakというファイルも日付がかなり古いうえに、ためしにこのファイルで置き換えてみると起動時に「パスワードが違う」といったメッセージが出てリブートを繰り返すばかり。

    もちろん、この後いろんな手段を投じる訳なんだけど…効果なし。
    そうこうしているうちに正常にファイルアクセスができなくなり、終いにはHDD自体を認識しなくなった。
    どうやら元々HDDに問題を抱えていたみたい。

    こうなっては致し方ないので、データの復旧作業は後回しにして、再びPCが起動できるように修理する事に。

    ●ターゲットのPC
    NEC LaVie LL500/9D

    ●knoppixを使ってリカバリーデータの吸出し
    再セットアップディスクを作ってないとの事だったので、前回と同様HDDを認識しなくなる前に事前にリカバリーデータを吸い出しておいたんだけど…
    幾つかのファイルはコピーに失敗していて利用する事が出来ず。
    仕方なくPC98-NXシリーズ メディアオーダーセンターにて再セットアップディスクを購入しました。
    ちなみに、既に売り切れのメディアもあるようなので、必要な方は急いだ方が良いですよ。

    ●HDD交換
    交換前 : MK6025GAS(60GB) / 東芝
    交換後 : HTS541680J9AT00(80GB) / 日立
    ホントは、前回実績のある東芝製にしたかったんだけど、IDEタイプの新品HDDはもう入手できなかったので、個人的に信頼している日立(IBM)製にしました。

    01
    <写真1>左が新しいHTS541680J9AT00(80GB)、右が古いMK6025GAS(60GB)

    物理形状の違いなどによって装着できないのではないかと思ったけど、問題なく装着できました、

    ●そして再セットアップ
    あとは再セットアップディスクの言われるがままセットアップを進めます。

    02
    <写真2>復帰したノートPC

    HDDのメーカーが変わった事によって相性等の問題が出ないか心配だったけど、何事もなく無事に動作しました。

    しかし…
    なぜPCメーカーは再セットアップディスクを添付しないのか。
    説明書には「リカバリーデータがHDDにあれば、従来のCDやDVDでセットアップを行うより断然早い」なんて書いてあったが、そのHDDが壊れてしまったらどうしようもなくなるのに。

    HDDはPCの中では比較的壊れやすい部類に入る物なので、再セットアップディスクを製作していない方は「めんどくさーい」「わかーんなーい」と言わずに、早めに作成した方がいいですよ。
    HDDが壊れた時、再セットアップディスクもなく、しかもPC98-NXシリーズ メディアオーダーセンターでは売り切れなんて状況になったら、復旧の手間もかかるしコストもかかるし、何もいい事ないですよ。

    | | コメント (9) | トラックバック (0)

    09/01/31 DVR-AM16CV

    これは予定外の出費(;´Д`)
    普段使っているLF-M821が殻付きDVD-RAMを認識しなくなった。
    症状はこんな感じ。

    • 殻付きDVD-RAMを認識しない。
    • 殻付きがダメかと思って中身だけ入れても認識しない。
    • DVD-RAMがダメなのかと思って、DVD-ROMを入れても認識しない。
    • 試しにCDを入れてみるとコレは認識できた。

    どうやらDVD系だダメみたい。
    そうなるとピックアップの異常か?
    これでは直しようがないのでDVR-AM16CVを買いました。
    ホントは、またLF-M821かOEMであるSW-9576-C(SW-9574-Cの後継機種)が良かったんだけど、生産中止や販売店で取り扱ってないなど、カナリの入手困難。
    おまけに、殻付きDVD-RAM対応でATAPI接続は他に無し…。
    という事でSW-9576-C採用のI-O DATA製 DVR-AM16CVになった訳です。

    01_dvram16cv
    <写真1>DVR-AM16CV(パッケージ)

    02_dvram16cv
    <写真2>DVR-AM16CV(本体)

    03
    <写真3>ベゼル交換後

    ベゼルの物理形状は全く同じなので難なく交換。
    こっちの方がちょっとだけ高級感があっていいwink

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    08/10/09 FreeMind - マインドマップ

    業務で使用してみて、ちょっといいと思ったので紹介してみます。

    ソフト名から推測できるように、マインドマップを描くためのソフト「FreeMind」。
    もちろんフリーソフトである。
    頭の中で考えているイメージを具象化でき、考えをまとめる事ができる。
    使い方も

    • Insキーで子ノードの追加
    • Enterで兄弟ノードの追加
    • Delキーでノードの削除
    • もちろんカーソルキーによる移動も可

    といった感じで簡単。

    複雑なシステムを検討する時、なかなか考えがまとまらずに堂々巡りしちゃうって方は、1度使用してみるのもいいかも知れませんよ。
    (私はまさに後者のパターン…)
    結果だけじゃなく、その過程もファイルに残るので、後で再検討が必要になって見直したい時にも役立ちます。

    Photo
    <画面1>イメージ図

    先日の車載AVセレクタ購入時に描いた物。
    ブログ用にかなり簡略化しちゃいましたが、なんとなくイメージは掴んでもらえるかなと思います。

    ほか気になった点は、以下のような感じ。

    • レジストリへの書き込みは無い模様。
    • 設定情報は以下のフォルダへ保存される。
      C:\Documents and Settings\{ユーザー名}\.freemind
      (せめて\Application Data内にして欲しかったなぁ…)
    • デフォルトで日本語もサポート。
    • Java製なので、別途ランタイムが必要。
       (ランタイムのダウンロードはこちら)

    ただ、Javaで作られているため初回起動時にはCore2 Duo 2.2GHzでも数十秒くらい無反応なのが欠点。
    (多分、環境によって大きく違うかも)
    せめてスプラッシュ画面だけでも先に表示してからダンマリしてもらった方がいい気もするけど。

    使い慣れるまで、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、興味があったら試してみてください。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    08/08/28 ノートPC修復

    学生時代の友達から、ノートPCを直して欲しいと依頼。
    HDDが壊れたっぽいと言う事なので、HDD交換だけなら簡単と思っていたけど…
    今どきのPCってリカバリーCDが付いていないんですよね(少なくともNEC製はそうみたい)。
    んで、そのリカバリーデータはドコかと言うとHDD内の隠しパーティションの中。
    って事は、そのリカバリーデータごと消えたか!?
    と思ったけど、起動領域のみ損傷を受けてて、それ以外の領域は無事の模様。
    リカバリーCDが付いていない機種は、Windows上から専用のユーティリティを使ってリカバリーCDを作る必要があるのだが、OSが起動できない以上どうにもならない。

    NECではこういう時のために、リカバリーCDを\5000~で買う事ができるようです。
    PC98-NXシリーズ メディアオーダーセンター
    自分の力でどうこうできないって方、または自身のない方は素直にこちらを利用した方がいいですよ。

    今回は低コストで直したいし、リカバリー領域は無事なので別の方法で復旧させてみました。
    いろんなサイトの情報をもとに辿り着いた復旧方法は以下の通りです。

    ●ターゲットのPC
    NEC Lavie LL350/AA

    ●まずknoppixを使ってデータの吸出し
    もし途中で完全にHDDが故障してしまってはどうしようもないので、念のため別PCへデータの退避。
    必要なデータは以下の通り。

    D:\APSETUPC (このデータはアプリケーションCDに入っているのかな?)
    E:\(隠しパーティションでボリュームラベルは"NEC-RESTORE")の全ファイル

    ●リカバリーCD(ブータブルCD)の作成
    隠しパーティションにあるファイルだけでリカバリーCDが作れるようです。
    CD-Rでも大丈夫ですが、セットアップ時に度々交換するのが面倒なのでDVD-Rで作りました。

    E:\BACKUP\BOOTCD内の全てのファイル
    E:\BACKUP\BOOTFD.IMG
    E:\BACKUP\WXP_BASE.GHO
    E:\BACKUP\WXP_B001~9.GHS

    これらファイルをCDのルートへコピー。

    01
    <図1>ディレクトリ構成

    図のような構成になればOKです。

    BOOTFD.IMGに関してはライティングソフトでブートイメージとして指定します。
    でないとCDからのブートができません。
    私はブータブルCDを作れるライティングソフトは持っていないので、knoppixに収録されているK3b (CD & DVD Burning)を使用しました。

    02_k3b
    <図2>K3bでイメージを作成

    03
    <図3>ブートイメージを指定

    CDドライブにはknoppixのディスクが入っていて、途中で取り出せないのでイメージファイルを生成。
    そのファイルを別PCにて書き込みします。

    04_1
    <図4>イメージファイル生成1

    05_2
    <図5>イメージファイル生成2

    ●HDD交換
    交換前 : MK4025GAS(40GB)
    交換後 : MK8032GAX(80GB)
    何れも東芝製。念のため同じメーカーの物で用意しました。

    Faithで送料込みで\7219でした。
    メーカー修理に出すより断然安いです。

    06_hdd
    <写真1>左が新しいMK8032GAX(80GB)、右が古いMK4025GAS(40GB)

    ●そして再セットアップ
    あとはリカバリーCDの言われるがままセットアップを進めます。
    途中の「ハードディスクを購入時の状態に戻して再セットアップ」を選択すると、隠しパーティション含む全領域を購入初期状態に戻す事ができました。
    必要に応じて、バックアップしておいたD:\APSETUPCのデータをD:\にコピーするなり、DVD-Rにコピーするなりしておきます。

    07_pc
    <写真2>復帰したノートPC

    これで無事に復帰できて良かった良かった。

    ●参考にしたサイト
    LaVieLL5503D1Y のリカバリ方法について

    パソコン&趣味の日記

    Tamutamu

    PC98-NXシリーズ メディアオーダーセンター

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    08/03/28 壊れたHDDのデータサルベージ

    データ保存用に使用しているもう1台の古いPCがあるのだが、こいつを使おうとした時の事。
    電源を入れるとHDDから異音が…。
    ヘッドが何度もカコンカコンと当たっているような音で、不良セクタが出来た時の音とは明らかに違う。
    現象からしてヘッドが物理的に故障したようなので、データ復旧ソフトを使用しても意味がない。
    滅多に使用していないPCとは言え、このPCにしか保存していないデータもあるので困ってしまった。

    どうしようかいろいろ考えた結果、同じ型番のHDDを用意してパーツごと交換してみる事にした。
    幸いYahoo!オークションで、中古\100の物があったので即購入。
    送料等込みで\1050。データ復旧業者に出すより全然許容範囲の値段でしょう。
    (自信の無い人は素直に業者さんにお願いした方が安全確実です)

    01_hddhdd
    <写真1>左が用意したHDD、右が故障したHDD。当然見た目は同じ

    いきなりヘッドを交換する前に、制御系回路が壊れただけかも知れないのでまずは基板を交換。
    しかし…結果は変わらず。
    仕方なくヘッド交換。
    異音はなくなり一応アクセスできるようになった。

    02
    <写真2>故障したヘッド。ドコが壊れてるのか全く分からなかった

    しかし、MS-DOS上からscandiskをかけてみると不良セクタ多発。
    ヘッドが変わったせいなのか、交換時にプラッタにキズを付けてしまったのか。
    一度は「scandisk /surface」で不良セクタを修復させていたが、あまりに多くてキリがないのでとりあえずscandiskは保留。

    続いてデータを取り出す作業。
    今回OSの入ったHDDが故障したので、手間無くデータを取り出すためにCDブートでLinuxが使えるknoppix日本語版を使用してみた。
    knoppixの詳しい紹介は他サイトにお譲りするとして、このknoppixは各種ハードウェアは自動認識されるので、起動すればLANもスグ使える状態だし、FATやNTFSも読めるのでとても便利です。
    コピー中やはり読み取れないデータに何度か当たるのですが、Windowsならそのまま処理が中断してしまう場面も、knoppixでは「自動スキップ」が選択できるので、Windows上でデータを取り出すより効率が良いかも。
    こうして無事にデータを取り出せた。
    データ全体の約3割ほど失ったが、全く取り出せないよりはマシでしょう。

    ついでに、別途用意したHDDをknoppixでパーティションの確保をしてみた。
    使用したツールは「QTParted」。

    Qtparted
    <写真3>QTPartedのスクリーンショット

    今まではMS-DOS上からfdiskでチマチマとパーティション確保やフォーマットをしていたのだが、何かとディスクをチェックしたり再起動を求められたりと、とても効率が悪かった。
    しかしQTPartedはGUI上で設定したらフォーマット込みでサクッと終わり。
    断然早く終わるじゃん。
    おまけにこのQTPartedは後からパーティションの容量変更もできる模様…。
    こんなに便利なら、もっと早くQTPartedの存在を知りたかった…。

    | | コメント (3) | トラックバック (1)

    07/11/11 HDD復活

    先日の壊れた120GBのHDD、もったいないので「IBM Drive Fitness Test」で物理フォーマットしてみた。
    その後「Advanced test」をして悪い箇所はセクターリペアで修復。
    再び「Advanced test」をすると今度はOK。
    念のため「fdisk」で領域確保した後、「scandisk /furface」をしてみるとこれもOK。
    随分時間はかかったが、最終的にはまた「使える」状態に戻った。
    思ってたより極端にひどい状態ではなかったので、何かあった時のために保存しておこう。
    (もうこのHDDには大切なデータは保存できないけど)

    | | コメント (0)

    より以前の記事一覧