釣り(その他)

13/01/25 ガルプ容器改良

「ガルプ!アライブ!」の液漏れは有名な話しですね。
で、私も色々と工夫をしている一人です。

01
<写真1>アスベル UNIXシリーズ(O-5)

ずっとコレを使用していました。
割と何処にでも売っています。
普通に閉めると簡単に液漏れするので、内圧を下げるように中心部分を押さえながらフタをするのがコツです。
この方法で液漏れは殆どなし。
けど、夏場の気温変化の大きい時は液漏れする事もありました。

02
<写真2>DULTON Clip Fresh Key Chain(S115-22BL)

完璧ではなかったので、他に良い容器がないか長年ずっと探してた所、東急ハンズ川崎店で見つけました。
ちょうどいいサイズでパッキン付き、四方で固定するタイプなので、これは完璧!
と思ったけど、こちらの容器にガルプを移した1日後には駄々漏れ状態でした。
構造はいいけど、固定時の圧力が弱すぎるようです。

03
<写真3>タケヤ化学工業 キャニスター(SW-A80)

続いて見つけたのがコレ。
これは近くのエスポットで発見。
簡単にフタの開け閉めができ、パッキンも付いていて、それなりの締め付け圧力もあるので、これこそは!
と思ったけど、こちらも僅かに液漏れが…。
構造的に蝶番と手前のフック部分は良いのだけど、その両サイドは締め付け圧力が弱くなってしまうようです。

これまでの経験を踏まえてちょっと考察。

  • 液漏れは、ガルプ汁の浸透力に加えて気温変化などによる容器内の内圧が上がる事により発生と思われる。
  • ゴムパッキンは必須。
  • フタと容器は、部分的ではなく全体を均一で閉まる構造が良い。

そう考えると、ネット上で有名な「ナルゲン」は理に適っているようです。
(と言っても、最近になってナルゲンの存在を知ったのですが…)
という事で実際に購入して試してみようと思ったら入荷が1~2ヶ月先…。
それほどにまで超有名なんですね…。

そこまで我慢できないので、既存のガルプ容器を改良してみました。
用意したのは空のガルプ容器と厚さ2mmのゴムシート。
1.0~1.5mmのゴムシートがあれば、その方がいいかも知れません。

04
<写真4>ガルプ容器

外側のシールは剥がしてあります。

05
<写真5>内蓋と切り取ったゴムシート

白の内蓋に合わせてゴムシートを切断。
それを白の内蓋の代わりに敷きます。

06
<写真6>内蓋入れ替え後

やった事はこれだけ。
試しにクルマに積んで数時間、振動試験してみましたが全く液漏れしませんでした。
意外にも大成功!?
もうすこし様子を見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/12 釣りカウンタ

これもまた上州屋木更津店で売っていたので買っちゃいました。
どこかのHP上で見つけてからずっと探していた1品。
1つだけ残っていた所を確保しました。

P1060587
<写真1>ささめ針 ミニカウンタ

早速使ってみましたが、ボタンもクリック感があって使いやすいです。
あと、パッケージには書かれていないけどオートパワーオフに対応していました。
数分ボタン操作がないと自動でOFF。
またボタンを押すと表示されます。

P1060640
<写真2>固定した様子

小さくて思ったほど邪魔にならず使いやすい反面、固定方法にちょっと不安を感じました。
写真のように凹凸に嵌めるだけなので、気を付けていないと知らないうちに落とすかも知れないです。
(特に冬場でグローブをしていると気付かないです)

それともう1つ。
あと最も重要なのが、防水仕様ではない事。
裏面を見ると隙間があるので簡単に浸水してしまいます。

実際、カウンタを取り付けたまま、うっかり水の中に手を入れてしまって浸水させてしまいました。
表示は消え、ボタンを押しても全く反応なし。
壊してしまったと1度は諦めましたが、帰宅後に分解して水道水で良く洗い乾燥させたら復活してくれましたが…。
中の基板には水に弱い部品もあったので、水没は絶対にしない方がいいです。
水場で使用する物なので、せめて簡易防水くらいはして欲しかったな。

・ささめ針 ミニカウンタ
ブラック SAT14
ホワイト SAT15
シルバー SAT16
http://www.sasame.co.jp/new_product/2012.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/12 ルアー用フックキーパー

上州屋木更津店に行った時に売っていたので買っちゃいました。

P1060575
<写真01>ルアー用フックキーパー EHKM-BL

手持ちのロッドにフック掛けを後付けできる部品。
取り付けにはちょっと工夫が必要だったけど、取り付け後は結構便利です。

P1060632
<写真02>取り付け後

なぜこのような形状なのか、なぜプーリーにして回転させる必要があるのか、などなど…。
機構的な疑問があったけど、実際に運用してみて少し納得。

P1060635
<写真03>キーパー部を倒した所

取り付け後に倒せるように、このような構造にしたのかな?
これなら釣りの最中も邪魔になる事はなさそうです。

ロッド径にあわせて2つのゴムリングが入っているので、幅広く対応できる所はGoodですね。
ただ、ゴムリングで固定するので経年劣化が心配。
割とスグにゴムが伸びてしまいそう…。

・富士工業 ルアー用フックキーパー
http://www.fujitackle.com/new/ehkm.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/01/12 スプールケース

上州屋木更津店に行った時に売っていたので買っちゃいました。

P1060584
<写真>スプールケース

写真左が「スプールケース50S」、右が「スプールケース45S」。
ケースは何種類かあり、どのサイズが良いのか迷いましたが、パッケージに対応スプールが記載されているので、それを参考に購入。

帰宅後、目的のスプールを入れてみるとどちらもピッタリサイズだったので満足です。

●ダイワ FREAMS KIX 1500
 →スプールケース45S (\680)
  [対応スプール]
   ダイワ:1000~2004番
   シマノ:1000~C2000番

●ダイワ FREAMS 2500
 →スプールケース50S (\680)
  [対応スプール]
   ダイワ:2500~2508番
   シマノ:2000~C3000

・HEDGEHOG STUDIO
http://www.hedgehog-studio.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/09/12 ロッド修理

安物だからなのか寿命なのか、最近になってリールを固定する金具(なんて言う?)付近の樹脂からヒビが…。
実は以前も軽くヒビ割れが発生した事があって1度修理済みなんだけど、今回は一段と酷かったので、本腰をいれて直してみた。

01
<写真1>使用したエポキシパテ「ボンド Eセット」

02
<写真2>ヒビの様子1

もうパキパキです。

03
<写真3>ヒビの様子2

こちらもパキパキでした。
写真は既にカッターで削った後です。
樹脂の下にいる、金具を固定している糸に傷を付けないようにカッターで不要な樹脂を削り、その上にエポキシパテを塗り、数日放置します。

04
<写真4>修復後1

05
<写真5>修復後2

おぉ、光沢がhappy02
前回よりも綺麗に仕上がりました。

ちなみに前回の修理に使用したのは5分で硬化開始の「ボンド エポクリアー」。
単純に混ぜ方や配分が悪かったのかも知れないが、強度が弱くカチカチに硬化しなかった。
力を入れて握る部分でもあったので、キャストを繰り返すうちに剥がれてしまった。

さて今回はどうか?
前回あったようなベタ付きがないので大丈夫だと思うけど。

※10/09/20追記
本日釣行してきたので確認してみました。
釣りの合間に何度か見てみましたが、ちょうど指がかかる部分にも関わらず、全然剥がれるような事はなくバッリチでした。
(見た目も全く変化なし)
今回の修理は成功のようですwinkgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/12/29 ロッドホルダー改

前作の自作ロッドホルダーでは2点ほど欠点があったので、早速修正しました。

  • ヘッドレスト用の穴が実は垂直ではなかったようで、取り付けてみるとロッドがルームミラーに向かって斜めになってしまった。
    (事前確認が甘かった)
  • ロッドを固定する位置が前過ぎてちょっと不安定かつ、ロッドに負担がかかる構造になってた。
    (コンパクトさを重視するあまり、こんな設計になってしまった)

それを改善したのがこちら↓

P1040474
<写真>ロッドホルダー改

今度はかなり良くなりましたshine
ロッドを水平するための角度は勘で付けてみたのですが、これがピッタリ。
あと、ロッドを固定するクリップ位置をだいぶ手前に持ってきたので、前作より安定度しました。
これでもう移動もバッチリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/12/02 自作ロッドホルダー

ワーミングしてると場所移動も多い。
その度にロッドを仕舞うのが面倒だったので作ってみました。

「自作ロッドホルダー」で検索して出てくるような物とは違い、とてもシンプルな物にしました。
いくら釣り好きとはいえ、ゴテゴテのフィッシングカーにするつもりはないのでcoldsweats01
製作コンセプトは、

  • あまり大げさな物はイヤ
  • 簡単に取り外し可能(使用しない時は外しておきたいから)
  • ロッドは1本格納できればいい

という事で出来上がったのはこちら。

01
<写真1>塗装前

これを、後部座席中央にある追加用ヘッドレストの穴に通して固定します。
実際に使用してみた感じがこちら。

02
<写真2>使用例

黒いニスを塗って仕上げてあります。

見ての通り、専用ロッドではなく振り出し式の万能ロッドを使用してます。
さすがに2.4mのロッドをそのまま格納するのは車内空間的に無理だけど、それでも先端の2~3本をたたむだけで車内に格納できます。
これだけでも準備の手間が大幅に省けるので大助かりです。
実際この状態で移動もしてみましたが、適度なGにも十分耐えてくれたので問題なしでした。

ただ…、いくらスモークガラスとは言えこの位置だと後ろから丸見えなのと、常にルームミラーの視界に写るのが難点(^_^;)ゞ


※後日、ロッドホルダーを改良しました。
詳しくはこちら

| | コメント (3) | トラックバック (0)

09/11/21 自作ヨリトレール

ワーミングを始めるようになってから気になり始めたんだけど、キャスト時にバックラッシュする事が多い。
仕掛けは軽いし、ラインもフロロカーボンを使用している、スピニングリールの構造上の問題というのは重々承知なんだけど…
それでも皆さんはどう対処しているのか?
最初の2つは致し方ないとして、3つ目の問題に対処する方法で考えてみた。
スピニングリールの構造上、常に右巻き(竿先から見て)に巻かれるので、それをどうにかラインを左巻きにしてしてやればいい。
(この理論に間違いがあったら指摘してください)
という事で、買ってきたのはこちら。

01
<写真1>材料

合計600円。
んで、完成したのがこちら。

02
<写真2>正面

03
<写真3>側面

プロペラは、そのままでは羽が大きいので少し切断してあります。
切断後のプロペラ後部をライターの炎で炙って柔らかくして写真の通りに曲げます。
ちなみに、この曲げる方向を間違えるとヨリを取るどころか悪化させちゃうので気を付けてください(^_^;)ゞ

こいつを数投すればヨリが戻るはずです。
実際に使用してみましたが、この日はライントラブルは起きませんでした。
一応効果があったのかな?
しばらく使用してみて様子を見ます。

ところで…
名前からも分かるように、既に市販されている本物の「ヨリトレール」を参考にしています。
これだと、渦の巻き方が逆で、かえって悪化してしまうように思えるのだが…
何か使用する時の条件が違うのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/03/30 東扇島西公園の駐車場、有料化?

東扇島西公園に行ってみたら、駐車場の出入り口にゲートができていました。

080330_01_1
<写真>第1駐車場の出口

080330_02_2
<写真>第2駐車場の出入り口

このゲートは第1、第2駐車場共にできていました。

まだ袋をかぶっていて機能はしていませんでしたが、近々有料化しそうな雰囲気です。
開始時期とか料金体制などを示す看板はありませんでしたが、いつも気分転換にふらっと立ち寄るのが好きだった場所なので、この有料化はとても残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/02/25 東扇島へドライブ

訳あって今週は殆どお休み。
いわゆる有給消化ってやつです。

今日は各種公共機関へ手続きに行ったあと、時間ができたのでふらっと東扇島へドライブしてきました。
実はこの東扇島、軽くドライブしたい時や気分転換したい時にちょうどいいので個人的にカナリお気に入りポイント。

この日の東扇島は、風は冷たかったが空は気持ちいいほどの快晴。

01_1
<写真1>北公園付近1

02_2
<写真2>北公園付近2

03
<写真3>ちょうど巨大船が離岸する所

04_1
<写真4>西公園1

05_2
<写真5>西公園2

06_3
<写真6>西公園3

やっぱ平日は人が少なくて、静かにのんびりできていいですなぁ。

さて、西公園の釣果のほどは…?
全然釣れてなかったです。
いつも訪れる度に思うのだが、毎回あまり釣れてないという印象…。
早朝や夕まづめ、夜釣りならもうちょっと違うのかな?

以前はスバル前や突堤などの一帯でも釣りができ、そこそこ良い釣果が期待できたのだが、数年前に立ち入り禁止になってしまった。
クルマを購入してから喜んで向かった時には時既に遅し…といった感じで残念。

島内を走っていて気づいたのだが、これまで広大な空き地だった東端部分が平成20年度中の開園を目処に「東扇島東緑地」として開園するそうです。
http://www.city.kawasaki.jp/58/58keika/keikaku/higashiryokuchi.html

完成が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)