デジもの

17/01/14 オーム電機 LHA-YKS311WZ-S

車載用に使用していたサンジェルマン OPT-7848NBと入れ替えたくて購入。

 

・オーム電機 LHA-YKS311WZ-S

 

P1090238
<写真1>

 

P1090253
<写真2>

 

P1090260
<写真3>

 

<表1>主な仕様
電源 単3 x1本
光源 白色系LED x1
最大消費電流 約500mA
連続使用時間 明るさ10%まで:
 約5時間(フルモード)
 約15時間(セーフモード)

明るさ5lmまで:
 約6時間(フルモード)
 約16.5時間(セーフモード)

(新品アルカリ電池使用時)
光束 約160lm
(簡易的に本体照明部分を積分球に入れ実測した数値)    
照射距離 約90lm(最大ズームイン時)
JIS/IEC保護等級 IPX6(耐水型)
質量 58g(電池別)
外形寸法 φ25×102mm
付属品 テスト用電池、ストラップ

 

                                                               
<表2>照射距離による中心点の照度※ズームイン、フルモード時
距離[cm] 照度[lx]
約10 約72,000
約50 約12,800
約100 約2,200
約200 約670

 

そして、いつも通り測定結果です。
(表下部に追加)
                                                       
<表3>測定結果※測定条件:光源との距離50cm、光源の周囲を直径180mmの簡易リフレクタを設置して測定
光源 照射範囲 照度[lx]
LEDランタン ALA-4301改 59
ミニクリップライト改 271
Skynie SL-012 1,129
サンジェルマン
LED LENSER Focus19 OPT-7848NB
ワイド 198
スポット 1,647
GENTOS SG-325(アルカリ電池使用時) ワイド 1,744
スポット 9,591
GENTOS SG-325(エボルタ電池使用時) ワイド 1,529
スポット 8,403
オーム電機
LHA-YKS311WZ-S(アルカリ電池使用時)
ワイド 455
スポット 10,884
オーム電機
LHA-YKS311WZ-S(エボルタ電池使用時)
ワイド 526
スポット 12,194

 

スポット照射は非常にピンポイント明るいが、ややムラがある感じ。
また、LEDチップの形状通り四角く照射される。
レンズ周辺の赤いプラスチックの影響で照射先の周囲がほのかに赤くなる。

 

ワイド照射は照射範囲が広く、輪郭くっきりの綺麗な円筒形で照射され、かつムラもない。

 

仕様の光束にある「本体照明部分を積分球に入れ…」という文言が気になっていたが、実測値(50cm位置で12,194[lx])と非常に近い値だったので、問題はなさそう。

 

あと、エボルタ電池使用時の方が明るい結果になったのは意外だった。
(充電直後だったから?)
単3電池1本で、これだけの明るさ&長時間使用(5h)。
実売価格も\2000代とコストパフォーマンスも良いです。

 

-----
17/01/22 追記
GENTOS SG-325の照度を再測定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/12/05 Raspberry Pi2

いま流行りのラズパイ2を買ってみました。

P1080673
<写真1>Raspberry Pi2

こんなカードサイズの基板でBroadcomのSoC(ARMコア)が乗って900MHz/4コア動作、1GB RAM、HDMI出力、USB2.0x4、LAN搭載。
(ストレージはmicroSD)
これでLinuxが動作するなんて、i486SXで遊んでいた頃と比べると夢のようです。

GPIOやI2C、SPIもあるので、今までとは違ったモノが作れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/08/01 Windowsタブレット CLIDE9 3G081i

P1080299
<写真01>パッケージ

P1080330
<写真02>本体

ホントはWindows10モデルを購入したかったけど、FAQに「CLIDE 8.9 / CLIDE 9 のWindows 10対応に関する検討状況」という情報が出ているのを見て、以前から検討していたCLIDE9 3G081iを購入。

商品到着後、早々にWindows8.1のセットアップを済ませ、一通り動作確認。
その後リカバリーデータ(回復ドライブ)の作成を行い、予めメディアクリエイションツールで作成しておいたインストールメディア(USB)でWindows10へのアップグレードを行いました。
(クリーンインストールではなくて、「個人用ファイル、アプリ、Windowsの設定を引き継ぐ」でインストール)

インストール自体は何のトラブルもなく終了。
唯一、Wi-FiのSSIDやパスワードを入力する時に困ったくらい。
ソフトキーボードを表示すると入力欄が異常に細くなり、入力文字列が見えなくなる現象があった。
USBキーボードを用意した方が良いかも。

インストール後一通り動作確認を行ったが事前情報通り問題なし。
・デバイスマネージャには「その他のデバイス」となるデバイスなし。
・画面の回転機能も問題なし。
・音も出るし、Wi-Fi接続も問題なし。
・GPSも問題なし。
・Wi-FiとBluetoothとの電波干渉もなさそう。
といった感じ。

その他で気づいた事と言えば…
・液晶はIPSという事もあり、発色、明るさ共に文句なし。とても綺麗です。
・タブレットの電源がOFFの状態で充電中、電源ボタンを2~3秒押下すると充電中を示すインジケータ(と言うか、ちょっと雑な絵)が数秒表示されたあと電源OFF(= OSは起動しない)。
 けど、インジケータ表示中に再度電源ボタンを2~3秒押下すればOSが起動する。
・付属のACアダプタは充電中に結構熱くなる。
 表面温度で60℃だったので、内部温度は70~80℃くらいになってるかも。
 よってACアダプタの寿命は短いかもです。

くらいかな。

購入前は他社製品含めて慎重に検討したけど、今回のCLIDE9は大正解だったかな。
非常に満足です。

---------------------------------------------
15/08/19 追記

公式サイトにて、Windows10アップグレード後のサポートや修理対応について掲載されていますね。
アップグレード後も修理対応して頂けそうなので安心して使い続けられます。

Windows10アップグレード後に画面の自動回転が機能しない事もあるようですが、私の環境は問題なかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/07/25 F-04G 卓上ホルダ対応ソフトケース

ずっと、卓上ホルダ対応のソフトケースを探しているんだけど、全然発売されませんね。
まぁ、スロットキャップと充電用端子の位置が近すぎるので、ソフトケースを作る側としては難しいのかなと思われます。

という事で、流用できそうな物を使用して作ってみました。

P1080312
<写真01>MSソリューションズ LP-F04GTTCL

今回使用したのは「超極薄ソフトケース LP-F04GTTCL」。
他社のソフトケースの中でも一番薄そうです。
これなら卓上ホルダのアタッチメント(F50B/カバー用)にも入りそう(ただし、少し加工が必要)。

P1080314
<写真02>ケース側の加工(加工済み)

ソフトケースを端末に装着した状態で、充電用端子の位置をマーキング。
ケースを外して、マーキングした通りカッター等で切り抜きます。

P1080322
<写真03>卓上ホルダ側の加工(加工済み)

卓上ホルダのアタッチメント(F50B/カバー用)も加工します。
写真03に示した赤丸部分をカッター等で削ります。
私は背面に合わせて削ってしまいましたが、0.5mmくらい残した方が良いかもです。

P1080328
<写真04>

これでソフトケースをしたまま充電できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/06/14 車内用スマホ充電器

P1080262
<写真>iBUFFALO BSMPBDC01BK

スマホを機種変(F-10D → F-04G)せざるを得なくなり、それに合わせて車内用の充電器も変えました。
(機種変するつもりはなかったけど、電波ロスト症状が発生したため仕方なく…)

そしていつもの性能測定。
前回の表に追記しました。

<表>スマホ充電器 比較(※充電条件は、電池残量が24~26%時で画面はOFF状態)
メーカー/型番 シガー/AC 仕様 実測 測定
電圧
[V]
電流
[A]
電圧
[V]
電流
[A]
電力
[W]
セイワ
D175
シガー 5.00~
5.40
0.50 5.23 0.45 2.35 F-10D
iBUFFALO
BSMPA07BK
シガー 5.00 1.00 5.13 0.80 4.10 F-10D
DoCoMo
ACアダプタ 03
AC 5.00 1.00 5.13 0.73 3.74 F-10D
ELECOM
MPA-ACU01SF1
AC 5.00 1.00 5.12 0.75 3.84 F-10D
DoCoMo
ポケットチャージャー 02
ポータブル 5.00 1.50 4.95 0.54 2.67 F-10D
iBUFFALO
BSMPBDC01BK
シガー 5.00 2.00 5.21 1.43 7.45 F-04G

今回のBSMPBDC01BKも、製品仕様に対してそれなりの性能は出せているようですね。

ちなみに、100円均一で売っているような安物ケーブルでは、急速充電できませんでした。
急速充電の仕組みについては割愛しますが、電源ライン(VBUS)に加えて信号線(D+/D-)が細い事で電圧降下が発生。
規定の条件から外れてしまう事で急速充電モードに入れないようですね。
急速充電をするためには、多少高くても「急速充電対応」を謳ったケーブルを使用した方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/03/11 GENTOS SG-325

長年愛用していたLEDライト「Skynie SL-012」を、不意にも出張先で落としてしまい破損wobbly
うっすら点灯している所からすると昇圧回路が壊れたようだけど、開ける事ができず修理断念。

出張中という事もあってスマホで情報収集して選んだのが「GENTOS SG-325
とにかく明るくて照射範囲が広いです。

P1080234
<写真1>

P1080237
<写真2>

<表1>主な仕様
光源 高輝度チップタイプ白色LED x1
明るさ 最大約150lm
使用電池 単4×3本 エネループ使用可
電池寿命 約10時間
照射特性 フォーカスコントロールタイプ
スポットビーム~ノーマルビーム(無段階調整)
照射距離 最大約138m
本体サイズ 約φ29×104mm
本体質量 約102g(電池含む)
付属品 テスト用電池、ストラップ
ほか 防滴仕様

そして、いつも通り測定結果です。
(表下部に追加)

<表2>測定結果※測定条件:光源との距離50cm、光源の周囲を直径180mmの簡易リフレクタを設置して測定
光源 照度[lx] 補足
LEDランタン ALA-4301改 59
ミニクリップライト改 271
Skynie SL-012 1,129
サンジェルマン
LED LENSER Focus19 OPT-7848NB
198 ワイド照射
1,647 スポット照射
GENTOS SG-325(アルカリ電池使用時) 1,744 ワイド照射
9,591 スポット照射
GENTOS SG-325(エボルタ電池使用時) 1529 ワイド照射
8,403 スポット照射

ワイド照射、スポット照射ともにトップの明るさflairです。
白さについては「純白」というよりはやや黄色より。
でも気になるレベルではありませんでした。

照射範囲については、使用しているLEDチップの関係か四角く照射されます。
(私は、その方が使いやすいかも)

そしてアルカリ電池使用時とエボルタ電池使用時でも比較してみました。
充電式は電圧が少し低い(1.2V)ため輝度への影響が気になっていたけど、やや下がる傾向にはあるものの、劇的に下がる訳ではなさそうですね。

非常に満足いく一品です。

-----
17/01/22 追記
GENTOS SG-325の照度を再測定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/03/02 ルームランプの照度測定

スマホの光センサーで照度が測定できる事を知って、スグにアプリをインストールして測定してみました。
これまでに購入または製作したLEDランプの明るさを定量的に知る事ができるので大助かりです。
各種センサーを内蔵しているスマホって、とても便利ですねhappy01

※照度の測定の際、キャリブレーションを行っておりません。
 また内蔵されているデバイスの精度や測定方法、環境に左右されるので、測定結果は参考程度に留めて下さい。

表1~2は夜、実車で測定した結果。
表3~4は自室で測定した結果です。

                                       
<表1>ルームランプ 測定結果※測定条件:座席中央のコンソールボックス上に平起きして測定
光源照度[lx]補足
自作LEDルームランプ2nd66

自作LEDルームランプ2ndは十分に明るい仕様なんだけど、ランプの真下が座席に挟まれていると言う事もあってか、意外と低い値でした。
 

                                                                   
<表2>カーゴルームランプ 測定結果※測定条件:カーゴルーム中央に平起きして測定
光源照度[lx]補足
サイドカーゴルームランプ47光源に向けて傾けて測定
追加ランプ179
サイドカーゴルームランプ
+ 追加ランプ
179平置きで測定

追加ランプは明るいですねぇ。
数値を見て更に満足です。

                                                                                                                                           
<表3>予備ランプ 測定結果※測定条件:光源との距離50cm、光源の周囲を直径180mmの簡易リフレクタを設置して測定
光源13.8[V]14.4[V]補足
照度[lx]照度[lx]
LEDルームランプ
 白色1Wタイプ(TypeA)
2628秋月電子通商
LEDルームランプ
 白色LEDx5
6163秋月電子通商
T10 汎用39灯LEDバルブ 白5656LED SHOP こりす堂
純正 T10バルブ5973純正
純正 T10×31バルブ205254純正

先日、交換しようかと迷った汎用39灯LEDバルブ。
39灯もある割には、白色LEDx5(=15灯)よりも暗いという、これまた意外な値。
あまり明るくないと感じたのは、あながち間違っていなかったと言う事ですね。

                                                                                                   
<表4>その他 測定結果※測定条件:光源との距離50cm、光源の周囲を直径180mmの簡易リフレクタを設置して測定
光源照度[lx]補足
LEDランタン ALA-4301改59
ミニクリップライト改271
Skynie SL-0121129
サンジェルマン
LED LENSER Focus19 OPT-7848NB
198ワイド照射
1647スポット照射

・測定に使用したアプリ
 照度計測(ルクス計測)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/12/22 あったかインナー

肩甲骨付近にカイロを貼った時が最も暖かいと感じると思っていて、釣りの時は毎回その付近に貼っているんだけど、それにぴったりの商品を見つけちゃったので購入してみました。

P1070487
<写真1>ユーイング あったかインナー(USB-N5F)

P1070496
<写真2>中身

ベルトの長さは調整可能。
取り付け方向も縦横変えられるので好みの使い方ができます。

カイロの発熱と比べれば少し弱いかも知れませんが、発熱体の面積が広い分、カバーはできていると思います。
実際に釣行時に着用してみましたが、十分実用だと思います。
今後のウィンタースポーツ(釣り含む)に大活躍しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/08/24 Qiワイヤレス充電スタンド

職場用に購入。

P1070070
<写真1>外箱

P1070085
<写真2>内容物

購入したのはサンワサプライWLC-STN11W [ワイヤレス充電スタンド Qi(チー)対応]

ウワサ通りF-10Dに合わせて作ったようにピッタリです。
充電器として、またスタンドとして使えるので重宝しています。
充電時間は純正品と比べても変わりないと思います。

改善点を挙げるとすれば、充電機能をON/OFFできるスイッチが欲しいという点でしょうか。
スタンドとして使用している時も、無駄な充電はして欲しくないので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/06/15 USB電圧電流計

P1060889
<写真1>センチュリー CT-USB-PW

P1060892
<写真2>電流測定の様子

P1060908
<写真3>電圧測定の様子

USB機器の電圧や電流を簡単に測定できる製品です。
以前、スマホ用充電器の電流を測定して以来、正確に測定できる製品が欲しいなと思ってた所、ズバリな製品が発売されたのでスグに購入しました。
電流のみ測定なら別の製品もあるのですが、電圧も測定できて且つとてもコンパクトだったので、こちらの製品を選びました。
早速、過去に測定したスマホ用充電器を再測定してみました。

<表>スマホ充電器 比較(※充電条件は、電池残量が24~26%時で画面はOFF状態)
メーカー 型番 シガー/AC 仕様 実測
電圧[V] 電流[A] 電圧[V] 電流[A]
セイワ D175 シガー 5.00~5.40 0.50 5.23 0.45
iBUFFALO BSMPA07BK シガー 5.00 1.00 5.13 0.80
DoCoMo ACアダプタ 03 AC 5.00 1.00 5.13 0.73
ELECOM MPA-ACU01SF1 AC 5.00 1.00 5.12 0.75
DoCoMo ポケットチャージャー 02 ポータブル 5.00 1.50 4.95 0.54

専用機だけあって、結構正確に測定できますね。
どの充電器も仕様に対してそれなりに近い電流で充電できているようです。
(アリスティのAK12Sは早々に手放してしまったので再測定できず)
前回の測定結果は、簡易的に作成した冶具の出来が悪かったようで、誤差が大きく出ていたようです。
誤差のある測定結果を掲載してスミマセン…。

・センチュリー CT-USB-PW
http://www.centech.jp/?p=264

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧