« 11/01/09 車戴地デジチューナー HIT7700 | トップページ | 11/01/23 キリ番(31000km) »

11/01/09 ブレーキシリンダーストッパー

01
<写真1>CUSCOのブレーキシリンダーストッパー

普段ハードブレーキングなんて多用しないので、私にとっては無用な産物なのは重々承知なのだが…。
たまにある急ブレーキの時に、踏力が逃げてしまうのは宜しくないので、安全性向上のために付けてみました。

今回、自分で取り付けを行ったのですが、とにかくスペースが狭くて作業し難いです。
作業中、ボルトや工具を落とさないように気を付けて作業を行って下さい。
(メガネレンチがあった方が作業しやすいです)

02
<写真2>ステーを外す

矢印で示した3つのボルトを外します。
赤○で囲った2つのボルトは再使用しないので、大切に保存しておきましょう。

03
<写真3>取り付け1

赤い四角で示した場所に、付属のM6x10のボルトでステーAを固定します。

04
<写真4>取り付け2

写真2で一旦外したステーと車両との間にステーBを挟むようにして、M6x25のボルトで固定します。
この時、矢印で示したゴムブッシュとステーBとの間に、M6のワッシャーを挟んだ方がいいです。
(ワッシャーは自分で用意しました)
このゴムブッシュの中には金属のスペーサーが入っているのですが、ステーB側の穴が若干大きいために中のスペーサーが貫通してしまい、そのまま締め付けるとゴムブッシュを破損してしまいます。

ステーBを固定したら、次は赤丸で示した個所に下からM6のボルトで固定します。

05
<写真5>取り付け3

最後にマスターシリンダー側に赤い金具を取り付けます。
この赤い金具はネジ加工されていないので、取り付けや取り外す時に気を付けないと落としてしまうので注意してください。

で、取り付けてみた感想だけど、普段からソフトなブレーキングをしている私では違いは分からなかったですcoldsweats01
でも、意図的に強めにブレーキを踏むとダイレクト感がある気がします。
峠を攻める人、サーキットを走る人にとっては効果大がパーツだと思います。

車両 : GGA-G
品名 : CUSCO ブレーキシリンダーストッパー
型番 : 666 561 A
重さ : 802g

|

« 11/01/09 車戴地デジチューナー HIT7700 | トップページ | 11/01/23 キリ番(31000km) »

クルマ」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222376/50587283

この記事へのトラックバック一覧です: 11/01/09 ブレーキシリンダーストッパー:

« 11/01/09 車戴地デジチューナー HIT7700 | トップページ | 11/01/23 キリ番(31000km) »